ひたちのくにひゃっけいしゃしん
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

haku1972

Author:haku1972
1972年生まれ
O型
茨城県水戸市在住
地元、茨城県の風景を中心に撮影しています。
おでこのレフ板がトレードマーク!輝いています!!


●Camera
Nikon D800

●Lenses
Nikkor-N Auto24mm f2.8

Nikkor-S Auto35mm f2.8

Nikkor-S Auto50mm f1.4

AF-S NIKKOR18-35mmf/3.5-4.5G

AF-S NIKKOR24-120mmf/4G

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G


2015/01/28
ブログリニューアルしました。
(旧)コンティニュアスAF-C


当ブログで掲載の画像の無断転載はお断り致しております。
転載ご希望の場合はコメント、又はメールフォームよりご一報ください。

当サイトはリンクフリーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ストックフォトサイト
Fotolia

写真素材のピクスタ
ランキング
にほんブログ村に参加しています。
おすすめアイテム
amazon
アルバム
アルバム
さて、今日はレンズの分解メンテナンスです^^

今日の生贄は「AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED」です。

興味のある方だけ「続き」をどうぞ^^

_DSC8732.jpg



このレンズは私のお気に入りでAFの動作も速く
大変重宝しています。
しかしズームレンズの宿命「小ゴミ」が気になります。

そこで簡易的なオーバーホールをして使用しています。
色々読み漁ると中には「そんなの素人がやるもんじゃない!」とか
否定的な記述を見ることもありますが
メーカーにオーバーホールをお願いすると
新品のレンズが買える請求がくるので注意が必要です。

諦めて放置していた方の参考になれば幸いです^^
※分解は自己責任でするものですが
決して難しいものではありません。


一通り読んで見て「イケル!」と思ったら頑張ってみてください^^
質問などあればコメントでどうぞ^^可能な限り対応します。

①まずは前玉と筒のスキマを埋めている円状のシールを剥がします。
再利用は不可なので切っちゃってもOKです^^
剥がし後はオイルライターのオイルをめん棒に染み込ませて擦ると綺麗に落ちます。
↓写真は剥がし終わった後です。
_DSC8734.jpg

②前玉と筒のスキマにネジ止め剤「接着剤の弱いもの」が3箇所くらい付いているので
カッターなどで慎重に剥がします。

③本来は「カニ目レンチ」などで前玉を外しますが
吸盤オープナーでも回りました。
_DSC8735.jpg
カニ目レンチ=5000円前後
吸盤オープナー=2000円前後
どちらを取るかは・・・あなた次第です・・・。



↓前玉を外したところ
_DSC8736.jpg

④小ゴミ程度でしたらここでエアーを吹きかけて飛ばせばお掃除完了です。
いままで読んだ中には「どんなに綺麗に拭いても目に見えないほどの拭きムラでもカビの原因になる」
など読みましたが、キニナルほど汚れていたら拭くしかないでしょう。

↓前玉の拭きにはかなり神経使って綺麗に拭きました。
_DSC8738.jpg

⑤組み付けですが上から前玉を取り付けようとすると
斜めに入りやすいです。一度斜めにはめ込んでしまうとねじ山が崩れて
二度と開かなくなるので注意が必要です。

私の場合は筒を逆さまにして下から軽く回して取り付けました。
上から回すと前玉の重みで斜めに入りやすいです@@
ねじ山の噛む位置もあるので時計回りで締める前に
反時計回りでスッキリ噛む位置を探してから締めるといいでしょう。


⑥どこを読み漁っても詳しく書かれていないし写真もない部分です。
最初に剥がした円状のシールの代用品を作ります。
↓写真は黒パーマセルテープです。
_DSC8741.jpg
レンズの口径が67mmですから
67mm×3.14=210.38mm
約22cmほどカッティングマットに貼り付け
カッターで5mm幅で切ります。
_DSC8744.jpg
うん、解りやすい@w@
_DSC8745.jpg
⑦次に円状に貼り付けるわけですから、そのまま付けると波打ってしまいます。
そこで1cm間隔で切り込みを入れます。
_DSC8747.jpg
剥がすとこんな感じになります。うん、解りやすい。
_DSC8750.jpg
このテープを前玉と筒のスキマを塞ぐように貼り付けます。
_DSC8751.jpg

テープの位置を補正するのに
わたしは「つまようじ」を使います。ピンセットでもいいのですが
普通はピンセットだろ><
使い捨てで先の細い「つまようじ」がとても使い勝手がいいです^^

_DSC8753.jpg
テープが太すぎると広角側で写真の四隅が暗くなるので注意が必要です。
ここからは根気勝負!
ドンドン貼り付けます。

_DSC8756.jpg
最後に余った部分を切り取って完了です。

_DSC8759.jpg
あ、最後ずれた・・・。

_DSC8763.jpg
落ち着いて考えてみよう。
前玉のテープはホコリや湿気の侵入を防ぐ役割を担っています。
素直にプロテクターでもいいかな^^;

でも、テープを貼った方がなんかワイルドw

とても愛着の持てるレンズに変貌します^^
変貌ってほど変わりませんね・・・ハイ^^;







2012/06/01 07:01 機材 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://haku1972.blog59.fc2.com/tb.php/298-3bec7e29
検索フォーム
リンク
来客数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
298位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
最新記事 (サムネイル付)
屋根 2017/11/15
ハロウィン 2017/10/31
小さな秋みっけ 2017/10/11
2017/09/18
狛犬<常磐神社> 2017/09/16
萩と好文亭 2017/09/14
2017/09/12
体育祭 2017/09/10
もうじきですね^^ 2017/09/08
キハ222 2017/08/31
神磯 2017/08/30
虚空蔵尊 三重之塔 2017/08/29
村松山 虚空蔵尊 2017/08/28
茨城県公館 2017/08/26
ひまわりまみれ 2017/08/25
大洗のおまけに一枚 2017/08/24
ご無沙汰してます。 2017/08/23
狛犬 2017/08/05
2017/08/02
向こう側の・・・ 2017/07/28
初夏の銀杏並木 2017/07/15
ラベンダー 2017/07/13
八幡宮のあじさいまつり 2017/07/11
七夕 2017/07/07
雨引観音の紫陽花6 2017/06/26
雨引観音の紫陽花5 2017/06/25
雨引観音の紫陽花4 2017/06/24
雨引観音の紫陽花3 2017/06/23
雨引観音の紫陽花2 2017/06/22
「茨城のプロカメラマン展2017」に行って来ました。 2017/06/22