ひたちのくにひゃっけいしゃしん
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

haku1972

Author:haku1972
1972年生まれ
O型
茨城県水戸市在住
地元、茨城県の風景を中心に撮影しています。
おでこのレフ板がトレードマーク!輝いています!!


●Camera
Nikon D800

●Lenses
Nikkor-N Auto24mm f2.8

Nikkor-S Auto35mm f2.8

Nikkor-S Auto50mm f1.4

AF-S NIKKOR18-35mmf/3.5-4.5G

AF-S NIKKOR24-120mmf/4G

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G


2015/01/28
ブログリニューアルしました。
(旧)コンティニュアスAF-C


当ブログで掲載の画像の無断転載はお断り致しております。
転載ご希望の場合はコメント、又はメールフォームよりご一報ください。

当サイトはリンクフリーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ストックフォトサイト
Fotolia

写真素材のピクスタ
ランキング
にほんブログ村に参加しています。
おすすめアイテム
amazon
アルバム
アルバム
さて、今日も機材のお話なので興味のない方には残念なことに・・・

メーカーHPでも詳細な撮影距離がどう変化するのか

書かれていない物について接写リング関連です。

なにかの参考になればと思い記事にしてみました。

_DSC1101_2285.jpg

今回のテストは
ケンコー クローズアップレンズNo3
ニコン 接写リングPK-13
ニコン BR2Aリング

の、三種類を
Camera:Nikon D7000
Lenses: Nikkor-S Auto 50mm F1.4(Ai改)(最短撮影距離60cm)
を、絞り値F2で行いました。
IMG_0038_2284.jpg


※最初に注意点を書きますが
クローズアップレンズ以外はGタイプレンズでは使えません。
接写リングやレンズの逆付けに使うBR2Aリングは
Dタイプレンズ(絞り値をレンズで変更できるタイプ)じゃないと使えません。


興味のある方だけ続きをどうぞ^^


まずは結論から言って三脚で固定して撮影距離を測ろうとしたのですが
クローズアップレンズ以外は近すぎて三脚が使えませんでした@@;

なので大まかな距離になってしまいますが
被写体を同じ腕時計にしてその映り具合など見ていただければ
なんとなくイメージできるかと思います。

もちろんテストなので画像の加工やトリミングは一切行っておりません。


では一番撮影距離の長かった
ケンコー クローズアップレンズNo3からです。
_DSC1090_2281.jpg
これはレンズプロテクターの様にレンズの前面にねじ込むタイプのもので
フィルター径が同じならどんなレンズにも取り付け可能です。
ちなみに一般的なフィルター径が52mmの物を買えば35/1.8Gに付けて使うことも可能です。
40mmマクロと35mm単焦点、どちらを買うか?どちらを持ち歩くかで悩んだ方には朗報かもしれません^^

レンズ自体のピント調整機能も使えるので、その気になればピント調整も可能です。
基本的に近くで撮影するのでレンズのピントを変えるより
カメラを持つ自分が前後に動くほうが正解です。

クローズアップレンズには番手があるので組み合わせによってさらに寄る事が出来ます。

カメラバックにいっぱいレンズを入れて移動できる方にはマクロレンズでいいと思いますが
必要最小限の装備で機動力を活かして撮るタイプのカメラマンなら
クローズアップレンズを持つほうがコンパクトで良いかと思います。


次にニコン 接写リングPK-13 です。
_DSC1092_2282.jpg
クローズアップレンズと比べて、さらに近寄れていることが解ると思います。

もはやバラなどの花の大きなものは全体が映りません。

接写リングはPK-11A,PK-12,PK-13,の三種類がありますが
番手が上がるにつれ近くによるようになります。

しかし3種類そろえて持ち歩くとレンズ1本分に相当するので
こんなメンドーなことするなら素直に60mmくらいのマクロレンズを持ったほうが・・・。

この接写リングはレンズとカメラ本体の間にかますので
使用感はクローズアップレンズと共に普通のレンズに近い感覚で使用できます。


次はニコン BR2Aリング です。
_DSC1093_2283.jpg
さらに近くなりました。

このリングはレンズを逆につけて撮影するタイプなので使用感は
上記2種類とくらべて別物になります。

バリエーションや番手などは無くこれだけです。

もちろんテストなので絞り値はF2ですが
実用的に考えてF4からF8位が使いやすいですが
露出が極端にアンダーになるのでISO感度を上げないと
シャッター速度が維持できません。

近すぎて三脚を立てるのは難しいので手持ち撮影になりますので
SSは1/60くらいは欲しいですね^^;

撮影状況によって色々ですが
写真のティストによっても変わるので一概に評価できません。
普通にマクロレンズで、普通の写真が嫌なら使い分けるのもいいと思います。


いいと思ったらなんでも撮り歩くタイプの私は
マクロレンズ持ち歩いても出番があるかは微妙なので
バックにBR2AとクローズアップNo3の二つを入れておくのが
一番コンパクトで「撮りたい!」って思ったときに後悔しなくて済みます。

ちなみにDXフォーマット(APS-Cサイズ)のカメラを使う私には
50mmのレンズが一番しっくり来ますが
焦点距離の短いレンズ(35mm,28mm)などはもっと近寄れます。
近すぎて被写体に当たる位ww=使えないw


この程度の使用レポートですが何かの参考になれば幸いです^^


2013/05/26 07:01 機材 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://haku1972.blog59.fc2.com/tb.php/668-bfa5aeed
検索フォーム
リンク
来客数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
286位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
最新記事 (サムネイル付)
屋根 2017/11/15
ハロウィン 2017/10/31
小さな秋みっけ 2017/10/11
2017/09/18
狛犬<常磐神社> 2017/09/16
萩と好文亭 2017/09/14
2017/09/12
体育祭 2017/09/10
もうじきですね^^ 2017/09/08
キハ222 2017/08/31
神磯 2017/08/30
虚空蔵尊 三重之塔 2017/08/29
村松山 虚空蔵尊 2017/08/28
茨城県公館 2017/08/26
ひまわりまみれ 2017/08/25
大洗のおまけに一枚 2017/08/24
ご無沙汰してます。 2017/08/23
狛犬 2017/08/05
2017/08/02
向こう側の・・・ 2017/07/28
初夏の銀杏並木 2017/07/15
ラベンダー 2017/07/13
八幡宮のあじさいまつり 2017/07/11
七夕 2017/07/07
雨引観音の紫陽花6 2017/06/26
雨引観音の紫陽花5 2017/06/25
雨引観音の紫陽花4 2017/06/24
雨引観音の紫陽花3 2017/06/23
雨引観音の紫陽花2 2017/06/22
「茨城のプロカメラマン展2017」に行って来ました。 2017/06/22