ひたちのくにひゃっけいしゃしん
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

haku1972

Author:haku1972
1972年生まれ
O型
茨城県水戸市在住
地元、茨城県の風景を中心に撮影しています。
おでこのレフ板がトレードマーク!輝いています!!


Camera
●Nikon D800

Lenses
●Nikkor-N Auto24mmF2.8
●Nikkor-H Auto28mmF3.5
●Nikkor-S Auto35mmF2.8
●Nikkor-S Auto50mmF1.4

●AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
●AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6G IF-ED
●AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED


2015/01/28
ブログリニューアルしました。
(旧)コンティニュアスAF-C


当ブログで掲載の画像の無断転載はお断り致しております。
転載ご希望の場合はコメント、又はメールフォームよりご一報ください。

当サイトはリンクフリーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ストックフォトサイト
Fotolia

写真素材のピクスタ
楽天
いよいよシリーズ最終回です。

「セキレイ石」
この石の上に鶺鴒(セキレイ)が留まり、男女の道を教えたといわれています。

_DSC7886_2627.jpg

セキレイ(鶺鴒)は野鳥です。知らない人のためにこちらをご覧下さい。
参考
セグロセキレイ
キセキレイ
こんなやつに恋愛のどーのこーのを語られたくない!

撮影日:2014,5,16

編集後記
筑波山は茨城県内の小学生はほぼかならず登ります。
わたしも小学2年生か3年生のときに登りました。
幼稚園から数えて3回は登ったかな?今回が4回目で約25年ぶりくらいです。
マジであの世の入り口かと思いましたw
ルートはたしかケーブルカーで男体山山頂→徒歩で女体山山頂→ロープウェイで下山
つつじがおかでお迎えのバスだったと思います。一般的な観光ルートで苦もなく筑波山を満喫できます。
でもこのルートではセキレイ石とガマ石しか見れません。
自分の足で登った者にしか見れない奇石があるので、是非徒歩での挑戦をオススメします^^

第二クール「男体山編」は後日回復してから撮影に行きます・・・。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/31 13:57   [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://haku1972.blog59.fc2.com/tb.php/785-83c8aa59
検索フォーム
リンク
来客数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
98位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング
にほんブログ村に参加しています。