ひたちのくにひゃっけいしゃしん
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

haku1972

Author:haku1972
1972年生まれ
O型
茨城県水戸市在住
地元、茨城県の風景を中心に撮影しています。
おでこのレフ板がトレードマーク!輝いています!!


Camera
●Nikon D800

Lenses
●Nikkor-N Auto24mmF2.8
●Nikkor-H Auto28mmF3.5
●Nikkor-S Auto35mmF2.8
●Nikkor-S Auto50mmF1.4

●AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
●AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6G IF-ED
●AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED


2015/01/28
ブログリニューアルしました。
(旧)コンティニュアスAF-C


当ブログで掲載の画像の無断転載はお断り致しております。
転載ご希望の場合はコメント、又はメールフォームよりご一報ください。

当サイトはリンクフリーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ストックフォトサイト
Fotolia

写真素材のピクスタ
ランキング
にほんブログ村に参加しています。
おすすめアイテム
amazon
アルバム
アルバム
シリーズ堅破山の最終回です。

堅破山山頂の展望台からの眺めです。
あいにくの空模様ですがすばらしい眺めでした。
_DSC4788_2987.jpg
Camera:Nikon D7000
Lenses:AF-S DX Nikkor 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

撮影地:日立市十王町(2015,3,18)

にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ


続きには七奇石の写真があります。興味のある方はどうぞ

本殿を奥に進むと
⑥胎内石があります。
黒坂命が陸奥遠征の帰路、山の麓で疲れていた体を休めていた時
一人の童子が馬引いて通りかかり、あまりにも疲労した様子の命を見て
その馬の背に乗せ、急坂の山肌を一気に駆け上がり、この洞窟に命を
休ませたと言われています。
この少年と馬は只者じゃないですよね?ぜったい!?
_DSC4797_2988.jpg

そして来た道を戻り、仁王門の近くの分かれ道から逆方向に進むと
⑦太刀割石があります。
八幡太郎義家が陸奥の蝦夷の乱を鎮めるため、堅破山に登り
戦勝祈願した折り、大石の前庭に陣を引いて野宿した。
義家は深い眠りの中で「黒坂命」と出会い、目が覚めると
一振りの黄金づくりの刀があった。その刀を振り下ろすと
大石はびしっびしっと不気味な音を発し真っ二つに割れた。
以来、この大石が太刀割石と呼ばれている。
一説にはこのことにより「堅破」の名が起こったともされている。
が!しかし!水戸黄門が「最も奇なり」と感銘して、
この名前をつけられたとも言われています。

まぁ歴史は勝者の都合のいいように語られるくらいなので
どっちが正しいかワカリマセン
が!デカイです。とにかくデカイです。
これ太刀で割れねーだろ?とツッコミたくなるくらい
デカイです。
が!その迫力に圧倒されたのはわかります。有名な石でもあるので必見です。
_DSC4804_2989.jpg

⑧軍配石です。
あれ?七つじゃないのか?まぁ細かいことはおいときましょうw
なんだろ?今までの石のスケールがデカすぎてショボく感じます。
_DSC4810_2990.jpg

⑨神楽石です。
「堅破山絵図」(元禄4年)では「まいまい石」と言われていた。
堅破山の神霊が浜降りの時、折橋の氏子に御輿をここで渡し
一休みしながら、お神楽奏し、神楽舞をしたと言われています。
_DSC4813_2991.jpg

最後に不動滝(奈々久良の滝)に寄り
登山で熱った体を休ませました。
胎内石で休んでたらこの山の神様になっちゃうからねw
まだあの世には行きたくありません

_DSC4816_2992.jpg

休憩しながら思うことは「来た道もどるのかぁーーー><」って
なんか嫌な気持ちになりますが
帰り道は別ルートで駐車場まで行けるので
すごく楽でした^^

拙い記事で申し訳ないのですが
筑波山に並ぶすばらしい山で
「茨城」の名のルーツでもある山です。※諸説ありマス
奇石のほかにも雷杉など見所満載の堅破山です。
バセドウ病で40過ぎのオサーンでも登れる(ひざにサポーターしましたけどw)
山ですので立ち寄ってみては如何でしょうか^^


2015/03/22 07:00 風景 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://haku1972.blog59.fc2.com/tb.php/866-b9be00a9
検索フォーム
リンク
来客数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
44位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
最新記事 (サムネイル付)
雨引観音の紫陽花3 2017/06/23
雨引観音の紫陽花2 2017/06/22
「茨城のプロカメラマン展2017」に行って来ました。 2017/06/22
雨引観音の紫陽花 2017/06/21
馬渡のアヤメ5 2017/06/20
馬渡のアヤメ4 2017/06/19
馬渡のアヤメ3 2017/06/18
馬渡のアヤメ2 2017/06/17
馬渡埴輪製作遺跡のアヤメ 2017/06/16
湫尾神社(ぬまおじんじゃ) 2017/06/15
武田氏館 2017/06/14
七つ洞公園のホタル 2017/06/13
神磯の朝陽 2017/06/12
朝焼け 2017/06/11
<道路元標>橘村 2017/06/08
潮来あやめ祭り 6 2017/06/07
潮来あやめ祭り 5 2017/06/06
潮来あやめ祭り 4 2017/06/05
潮来あやめ祭り 3 2017/06/04
潮来あやめ祭り 2 2017/06/03
番外編?号外?暈(かさ)ハロ? 2017/06/03
潮来あやめ祭り 2017/06/02
接写リングを使ってみた パート2 2017/05/31
接写リングを使ってみた 2017/05/30
Google Nik Collection 2017/05/29
<道路元標>菅谷村 2017/05/26
フォトショのプラグイン 2017/05/22
<道路元標>日本国 2017/05/14
北条大池のさくら 2017/05/08
<道路元標>石岡町 2017/05/07